オフィスコーヒーを導入することで、オフィスで社員が気軽にコーヒーを飲めるようになります。ドリンクを提供するだけの機械と思われる方もいるかもしれませんが、社員たちの和気あいあいとした空気を作るのに役立つので、よりアットホームな雰囲気のオフィスを目指して導入する会社は少なくありません。そこで、オフィスコーヒーの種類を解説します。1つ目は、一杯ごとに抽出するタイプです。

飲みたいフレーバーの袋を設置してボタンを押すと、その場でドリップがされます。本格的な味を楽しめることが特徴です。複雑な構造をしているものが多く、定期的なメンテナンスが必要ですが、近年はそのメンテナンスも簡単な商品が増えてきました。カフェのようにゆっくり味わいたい場合におすすめのオフィスコーヒーです。

2つ目は、ブリューワー型のタイプです。ボタンを1回押すだけで、何杯分かまとめて作れるのが便利です。フレーバーの種類がやや少ないことがデメリットかもしれません。しかし、休み時間など飲みたいときにすぐに注ぐことができる点は、大きなメリットとなり重宝されるでしょう。

最後に、自動販売機型のタイプです。本体が大きく、設置にはまとまったスペースが必要です。ただし、フレーバーの選択肢の幅広さでは残り2つを大きく上回ります。コーヒー以外のドリンクが提供できるものも魅力的で、コーヒードリッパーと自販機のいいところ取りといえるでしょう。

オフィスコーヒーは、メーカーによって高品質や大容量など特徴が違います。複数検討して、自社のオフィスに合ったものを導入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です