最近ではコロナ禍の影響もあってリモートワークを制度に取り入れる企業も増えてきており、毎日出社しない生活を送る人も多くなってきました。出社しなくても、ウェブミーティングなどを通じてコミュニケーションを取れますし、業務内容によっては家などで1人になる方が集中でき捗ることもあるかもしれません。しかし、リアルなコミュニケーションを通してでないと育まれない信頼関係もあるのではないでしょうか。たまにしか出社しないからこそ、オフィスで顔を合わせる時間は大事にしていきたいものです。

そんな場合に有効なのが、オフィスコーヒーの導入です。自動販売機などで缶コーヒーを買うのではなく、オフィスコーヒーとしてカフェスペースを作りコーヒーマシンを取り入れる方法を指します。もちろん多少の投資は必要になるのですが、それによって従業員達がオフィスコーヒーを通して様々なコミュニケーションを図り、関係性が深まるきっかけとなるはずです。オフィスコーヒーによって関係性を築いていくことで、仕事においても様々な情報共有がされたりアイデアのきっかけが生まれたりと、良い効果が波及していきます。

また集中力というのはそんなに長く続くものではありませんので、集中して業務を行う合間に一息ついたり誰かと少しおしゃべりするような場があると、一度休憩によってリフレッシュしまた業務に集中出来ます。そのようなサイクルを生むためにも、コーヒーマシンを置きカフェスペースを作ることは大事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です