レギュラーコーヒーを美味しく飲むためには、淹れ方が重要になります。ペーパーフィルターは使い捨てで器具の手入れが簡単で、手軽に美味しいコーヒーを飲むことが可能です。抽出の方法によって味わいが異なりますので、いつでも美味しい味にするためにも、ペーパードリップの使い方を知っておくとよいです。ハンドドリップに必要な器具はペーパーフィルター、ドリッパー、サーバー、細口ドリップポッド、メジャースプーン、カップとソーサーです。

カップ1杯分は水の分量で焼く140㏄ですが、その分量に対し、コーヒー10g~12gが適量になります。コーヒーの種類や焙煎度などは自由に選ぶことができますが、豆から挽く時には中細挽きがお勧めです。粉のものを購入すると、すでに中細挽きになっています。抽出を始める前にあらかじめ使う道具を温めておくと、飲み頃のレギュラーコーヒーができます。

抽出によい水の温度は95度前後なので、お湯を沸かした時に水が泡となって表面上にぼこぼこと沸き上がりますが、その沸き上がりが落ち着いたころがよい温度です。ペーパーフィルターは、ドリップに軽く押さえつけるようにセットするとずれません。コーヒーの粉をフィルターに入れ、粉の表面を平らにしてからお湯を注ぎます。全部入れてしまう前に少しお湯を入れて蒸らすと、お湯とコーヒーがより馴染み、コーヒーのうまみ成分を十分に引き出すことができるのです。

美味しくレギュラーコーヒーを飲むためにこの過程を是非行ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です