レギュラーコーヒーとは、インスタントではない珈琲のことを言います。ドリッパーなどの器具が必要になるので、手間がかかるということがデメリットですが、本格的な珈琲の味を楽しむことができます。朝に起きて1分もかからずに用意ができるインスタントの珈琲も需要があります。しかし、最近ではレギュラーコーヒーのほうが人気が上昇しているようです。

その理由の1つとして、ドリップコーヒーが登場したことがあげられます。ドリッパーなどがすべてセットになっており、レギュラーコーヒーであるにもかかわらず手間をかけずにお湯を注ぐだけで作ることができます。基本的にはお湯を注ぐだけで作ることができます。ただし、珈琲の成分を抽出する必要があるので、少し時間はかかります。

とはいっても、およそ1分あれば1杯分の珈琲を作ることができるので、ほとんどインスタントに近いです。珈琲の種類についてはあまり理解をしていない人がいますが、インスタントではない珈琲はすべてレギュラーコーヒーです。お湯に溶けないのでドリッパーなどの器具が必要になります。しかし、本格的な味が楽しめるということがメリットです。

最近では便利な商品が登場していることで、このデメリットが少しずつ減っているように思います。時間と手間がかかるというデメリットがなくなったとしても、インスタントの珈琲のほうが値段が安いというメリットは残ります。総合的にどちらのほうが良いかは、それぞれの好み次第でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です