レギュラーコーヒーは、インスタントコーヒーに対しての言葉です。古くからコーヒーそのものは、飲まれてきましたが、もっと簡単に飲めるようにと1889年にインスタントコーヒーが製品化され普及してからそれと区別するためにレギュラーコーヒーと呼ばれるようになりました。この2つのコーヒーの違いは、簡単に言うならお湯に溶けるか溶けないかです。カップさえあれば、カップに適量の粉末を入れればお湯に溶けて簡単に飲めて、さらにゴミが出ないのがインスタントコーヒーです。

それに比べて手間もかかりカップ一つでは済まず、また入れ方も人によって技術によっても味に違いが出てしまうのがレギュラーコーヒーです。さらにお湯に溶けないためゴミが出てしまいます。しかし、その分味や香りを楽しむことができます。インスタントコーヒーは、焙煎したコーヒー豆から抽出したコーヒー液を乾燥させ粉末にし、誰でもお湯に溶かすだけで飲めるようにしたいわゆる「インスタント」のものです。

一方、レギュラーコーヒーのほうが般的なコーヒーのことで、添加物を加えていない焙煎されたコーヒー豆、それを挽いた粉末のことであり、その粉を使っていれたものを言います。レギュラーコーヒーという言葉は和製英語ですので、海外で使うと通じないか、もしくは違った意味で捉えられてしまいます。英語圏ではホットのブラックコーヒーを指す場合が多いです。しかし、地域によっては砂糖とクリームの入ったホットコーヒーが出てきたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です