レギュラーコーヒーは、コーヒー豆を焙煎して挽いた状態に抽出器を使いお湯を注ぎ作られるコーヒーのことです。レギュラーとは正式を意味しますが、正式なコーヒーのことで挽き立て本来のコーヒー豆の味わいをそのまま楽しむことができるとして人気になっています。その魅力は豆本来の味わいが出ており香りが優れることで、コーヒーの苦味がほのかに感じられ、酸味自体も少ない特徴があります。多めに飲用しても胃もたれなども起きにくく、不快感をあまり感じずに飲むことができる場合も多いです。

その対義語にはインスタントコーヒーが存在しますが、レギュラーコーヒーからさらに抽出させ粉末化させたコーヒーとなります。レギュラーコーヒーからの抽出の生成過程では、酸化しやすい状態にあるため、酸味が強かったり苦味が倍増した状態になることも多く、味が落ちる特徴を持っています。また香りの良さが感じないため、コーヒー豆を挽いた状態とは雲泥の差の違いが生じます。最近は専用マシンで焙煎されたコーヒー豆をその場で挽き、お湯を注いで飲めるレギュラーコーヒーが飲める場所が増えている実態もあります。

例えばコンビニや街の中にあるカフェなど、また家庭やオフィスでは専用マシンをレンタルして正式なコーヒーを楽しむことが可能です。国内でも海外のカフェが積極的に展開していますが、ヨーロッパや西洋などと比較してもコーヒーが飲まれてきた歴史自体がまだ浅く、今後もさらにコーヒー文化が進化する様相を秘めています。もっともレギュラーコーヒーをベースとして、本物志向の高まりが起きているのも事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です