「仕事の合間にコーヒーを飲んで休憩したい」、「カフェインを取って眠気を覚ましたい」。このように、仕事中にコーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか。今回は、そんな時に便利なオフィスコーヒーについてそのメリットを紹介していきたいと思います。まずオフィスコーヒーと言っても、その種類は複数あります。

1つ目は、一杯抽出型です。オフィスコーヒーと聞くと、一般的にはこの形を思い浮かべる方が多いかと思います。カプセルを設置してボタンを押したらコーヒーが出てくる、といった形の機械です。味の種類が豊富に選べることと、手軽に本格的な味わいが楽しめることがメリットです。

2つ目は、ブリューワー型です。一度に複数杯のコーヒーを作ることができるのがメリットですが、反対に時間が経てば味が落ちてしまうというデメリットもあります。コーヒーを飲む社員が多い会社などに置いてあると便利なタイプだと言えます。3つ目は、自動販売機型です。

これに関しても種類が豊富な中から自分好みの飲み物を選ぶことができるので、人気のあるタイプです。自動販売機なのでどうしてもある程度のスペースが必要になりますが、一台あるとコンビニに行く手間が省けるなどメリットは大きいのではないでしょうか。このように、オフィスコーヒーにも種類があり、そのメリットも異なります。オフィスコーヒーの導入を検討している場合は、ニーズに沿ったタイプ・それぞれのメリットデメリットを考慮してみてください。

オフィスコーヒーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です