世界中で愛されているコーヒーには、疲れを癒すリラックス効果や眠気をさまし、集中力をアップさせる覚醒効果があります。特にコーヒーは昔から眠気さましの薬として医療目的で利用された歴史があるといわれています。長時間仕事をしていると、どうしても集中力が落ちてしまい効率が下がってしまいます。忙しい仕事の渦中にコーヒーを飲むことでホッと一息入れ、もう一度集中力を高めた経験がある方も多いのではないでしょうか。

実は今、業務の効率があがることからオフィスコーヒーを導入している企業が増えています。オフィスの一角にカフェスペースを作り、オフィスコーヒーとして提供しているのです。人間は、朝10時の間から14時までは交感神経が活発になるので集中して仕事ができるといわれています。しかし、長時間仕事をしているときや、昼食後などには集中力がきれてしまいます。

そのタイミングでコーヒーを飲むことでその後の仕事に良い影響を与えてくれるのです。買ったときは温かいコーヒーもデスクワークをしながら飲むと、冷めてしまいます。オフィスコーヒーがあると、デスクワークを中断してカフェスペースに向かうために歩いたり背伸びをしたりする体を動かすことができます。香り豊かなホットコーヒーは、五感の中でもっともダイレクトに脳に届くと言われる嗅覚に刺激を与えるので、効率よく気分転換をすることができます。

また、オフィスコーヒーの豆を選ぶことができる場合もあります。好きな豆を選んでもよいですが、豆によっても作用が違うため、もし選べるならリラックス効果が高いブルーマウンテンやグァテマラを選ぶのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です