オフィスコーヒーの代表的な形態には3種類あり、「一杯抽出型」、「ブリューワー型」、「自動販売機型」です。「一杯抽出型」というのは、文字どおり一杯ずつコーヒーが抽出されるものです。飲みたいコーヒーの種類、カプセルなどを機械に設置してボタンを押すことで抽出されます。その場で焙煎とドリップをしてくれるので、手軽でありながら本格的な味わいが楽しめるところが魅力です。

味わいやフレーバーを選べるので、誰にとっても利用しやすく、気分によっても楽しめるところが人気といえます。清潔を保つために器具を洗ったり、メンテナンスも必要ですが、それほど面倒な手間はありません。「ブリューワー型」は一度に数杯分のコーヒーを抽出するものです。いわゆる作り置きのオフィスコーヒーで、保存時間があまりに長いと煮詰まってしまうこともあります。

飲みたい時にすぐに注いで飲めるので、時間をかけたくない人には便利といえます。味わいの選択肢は少ないですが、抽出されるコーヒーは美味しいです。「自動販売機型」は社内に設置する自動販売機のことです。ある程度のスペースが必要で、これ用に場所を確保しなければなりません。

しかしコーヒーをはじめ、他のドリンクの種類も多く、メンテナンスの手間もありません。お金を入れてボタンを押せば、いつでも好きな飲み物が用意されて手軽です。コーヒーはホットはもちろん、アイスもあり、カフェオレなどのミルク入りや砂糖入りなども揃っていて、オフィスコーヒーとして楽しめるところが魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です