オフィスコーヒーを導入することによって業務を効率良く進められると聞くけれども、実際にどのようなメリットがあるのかわからないという人も多いかもしれません。オフィスコーヒーを取り入れることには様々なメリットがありますが、その一つが仕事に集中できる点です。一般的に人間は朝10時から14時の時間は集中して仕事を進めることができるといわれています。これは交感神経が活発になる時間帯にあたるからです。

しかしその後夕方から夜の時間にかけて交感神経がだんだんと弱まってしまい、リラックスタイムに突入します。多くの人がお昼を食べ終わった後は集中力が切れてくると感じますが、このタイミングでコーヒーを飲むことによって、その後の仕事の効率が高まります。多くの人が知っているとおりコーヒーにはカフェインと呼ばれる成分が入っていて、眠気を覚ますためにコーヒーを飲むという人は多いものです。疲れを感じたり集中が切れたと思ったタイミングですぐにオフィスコーヒーで気分転換を図ることができれば、集中力もぐっと高まるでしょう。

集中力を高めるためにはコーヒーの選び方も重要ですが、その中でも効果が高いと言われているものがブラックコーヒーです。砂糖やシロップなどを入れてしまうと血糖値は急激に上がり、飲んだ直後は覚醒するかもしれませんが、集中力が減退するのも早くなります。できれば何も入れない状態のブラックコーヒーの方が効果が高まるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です