オフィスというのは企業が業務を遂行してもらう目的で使っている施設であり、業務の中で必要になる多くの機器や文具などがあります。近年ではパソコンの設置が標準化されているところも一般的であり、業務の進捗をサポートすることに努めています。しかし、仕事を実際に行っているのは人間なので、仕事という緊張状態を長く維持するのは難しいため、企業は従業員に仕事の合間にリラックスできる状態を提供しなければいけません。その中でとても有効なのはカフェインの摂取であり、この理由からオフィスコーヒーの機器を設置している割合はとても高くなっています。

オフィスコーヒーの形態は自動販売機であったり専用の機器を利用する場合もあれば、インスタントコーヒーや濃縮されたポーションを使うなど多くの種類がありますが、その目的は従業員の精神状態を安定させていい仕事を行ってもらうということです。これは人間には集中して物事に取り組みには個人差があっても限界があり、それを無理に継続させてしまうと集中力が欠如して失敗のリスクが高まることに起因しています。カフェインは覚醒作用と鎮静作用があり、この成分を含んでいるものを摂取すると気持ちが落ち着くのは、この成分の働きがあるからです。そのため、オフィスコーヒーでなくても日本茶でもいいのですが、働いている人の年齢構成を考慮するとコーヒーを求める割合が高くなってしまうでしょう。

企業側からすると万全の体勢で業務を行ってもらうのは当然であり、後は個人の判断に委ねるという方法も間違ってはいませんが、少しでもいい職場を作るためにもオフィスコーヒーを設置するのは最低限の配慮とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です